office AMATI BLOG

office AMATIが管理する京田辺市の重要文化財澤井家住宅 と、その土間をコンサート会場として利用・マネージメントしています

関東地方の大水害、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興と安らぎを・・・・
秋です。やっと澤井家住宅のコンサートの季節になりました。
今秋は澤井家の事情でコンサートは1回だけ開催します。

2008年08月

戸惑いの日曜日 アパッチ砦の攻防より

三谷幸喜の「戸惑いの日曜日」(アパッチ砦の攻防)より
を、京都南座まで見に行った。南座は前を通ったり、11月になると
「まねき」の勘亭流の見事さにポカンと口を開いたまま見上げて
通るだけで中に入るのは初めて。音楽会よりズーッと
リラックスムードで、お弁当を予約してお芝居の合間食べるのも、
グループで来ているお客さんには楽しみだろう。

一人ではちょっと・・・・
三谷さんの舞台をまねて、知らないオジサンおばさんのグループに
入り込んで知り合いのような顔をして弁当食べるの、次回やって
みようか?京都ではちょっとまずいかな?大阪の松竹座だったら
できそうな気がする。

アパッチ砦とは「高級マンション」
フォートネス・アパッチ301号室のことで、
そのリビングで繰り広げられるドタバタ喜劇。
パンフレットにはフォートネスとあるが、
フォートレス・アパッチ(Fortress Apache)
ではないかとおもう。


佐藤B作演出で、主演の予定だったが体調の都合で出られず
升毅が交替していた。B作さんの芝居を楽しみにしていたが升さんも、
すごく良かった。

西郷輝彦がブログで「台本があまりにおもしろくてゲラゲラ笑える)と
コメントがあった。↓

http://saigo.exblog.jp/3153933/


三谷さんの舞台って結構年配のお客さんが多いなと思った。西郷さんのファンかな?

腹のそこから声を出し腹のそこから表現をする。力一杯の舞台はとても気持ちよく
楽しかった。

演劇にはオペラグラスは必携
またいこ〜っと。いつになるかわからんけど。

五嶋龍 リサイタル行ってきました

忙しい毎日でコンサートに枯渇していたところMお姉さんから「五嶋龍」君のコンサートに お誘いを受け、楽しんできました。この世代の子は年々成長が顕著で、背が縮み、おつむの 衰えの激しい私には羨ましい限り。2004年のリサイタルの頃もビックリしたけど、今回はまた 信じられない成長を見せてくれた。とにかく楽しそうで、聞いている(見ている)我々もうきうき してしまう。 作曲家に支配されず、自分の音楽を存分に楽しむ姿は今までの日本人演奏家には無かったタイプ。 ピアノの伴奏のソロを聴きながらいつまでも弾き出さず「オイオイ龍君そろそろ準備しないと!バイオリンの出番やで」と私が心配になるほど数秒前までバイオリンを構えず、間際に弾き出すところが カッコいいというか計算したカッコつけなのか? あんなにバイオリンが簡単なものだと思っているヤツがいるかと思うとくやしい〜〜〜〜 生まれ変わったらまじめに練習しよう。もう絶対遅い。手遅れ。 感動したというより楽しいコンサートでした。 ラヴェル ツィガーヌの演奏をどーぞ
twitter
ギャラリー
  • 10月19日(日)國松竜次 ギターコンサート@澤井家住宅のご案内
  • 2014年5月5日(日)チェロとピアノの楽しい午後@澤井家住宅
  • 春のさんぽ
  • 岩永善信ギターリサイタル
  • 京田辺音楽家協会主催アフタヌーンコンサート
  • 久しぶり!おじいちゃん
QRコード
QRコード